So-net無料ブログ作成

首相「NPOへの寄付金控除を参院選争点に」普天間にはだんまり(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日、内閣府で開かれたシンポジウムに出席し、「寄付税制を含めた『新しい公共』を参院選の争点にしたい」と述べ、特定非営利活動法人(NPO法人)への寄付金に税額控除を適用する制度を、今夏の参院選マニフェスト(政権公約)に盛り込む考えを示した。

 首相はこれまでにも、介護など新たな公共サービスの担い手となるNPO法人への支援策として、寄付額の50%前後の控除を検討する考えを示していた。

 首相は約4時間続いたシンポジウムの始めから最後まで出席。同じ時間帯には沖縄県読谷村で米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の県内移設に反対する県民大会が開かれていたが、首相サイドはこの問題に関するぶら下がり取材を拒否。首相本人もシンポジウム終了後、記者団の問いかけを無視した。

【関連記事】
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
みんなの党、河合氏に出馬要請 パラリンピック3連続金
堀内氏の参院選出馬に巨人・渡辺会長「当選確実、間違いなし」
過剰な演出に??やりすぎ“舛添商法”早くも不発のワケ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
授業料無償化も遺児は進学困難、あしなが募金を! 理解訴え(産経新聞)
「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会−B型肝炎訴訟(時事通信)
午後に離党届提出=自民・舛添氏(時事通信)
<羊放牧>春満喫、一斉に駆けっこ 岩手・小岩井農場(毎日新聞)

議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)

 介護をめぐる問題を検証し、質の向上や制度の充実を目指す「民主党介護を考える議員連盟」は4月19日、4回目の勉強会を開く。発足以降、毎週勉強会を開催するなど意欲的な取り組みを続ける同議連だが、一方で、2回目と3回目の勉強会に出席した議員は、いずれも10人前後。105人の加盟議員数に対し、出席率は10%程度という状況が続いている。

 「お忙しい時間に設定をいたしましたものですから、なかなか出席できかねる先生が多かったのかもしれませんが、記者さんたちにも多く出席いただいています」
 議連の幹事長を務める郡和子衆院議員は、12日の第3回勉強会の冒頭、こんなふうにあいさつした。郡幹事長の言葉通り、この日出席した議員は10人弱。途中から参加したり、退席したりした議員もいたため、時間によってはヒアリングのために招かれた介護関係者(5人)とほぼ同じ数の議員しかいない場面もあった。
 空席ばかりが目立つ会場を後にした関係者からは、「この場を設けてくれたこと自体、(前政権と比べて)大きな進歩と言えるが…。もう少し(議員が)出席してくれたら」(自治労の秋野純一社会福祉局長)など、戸惑いの声も聞かれた。

 当初から議連に参加する議員が少なかったわけではない。3月31日の第1回勉強会には、約40人の議員が出席していた。2回目の勉強会以降、参加議員がぐっと減ったことについて、議連の事務局長を務める藤田一枝衆院議員は「(介護議連と同じようなタイミングで開かれる)参院選のマニフェストに関連した会合や勉強会に出席する議員が多いためではないか」と説明する。また、「『金帰火来』の言葉通り、週末から月曜日まで地元にいる議員は多い。2回目、3回目の勉強会に欠席者が多かったのは、その月曜日だったからではないか」(議連会長を務める石毛●子衆院議員の事務所関係者)とする声もある。

 民主党は5月末ごろには、今夏の参院選のマニフェストを策定する方針を固めており、各議員とも、そのための勉強会などに忙殺されている。それだけに、介護議連に足を運ぶ議員は少ないままの可能性もあるが、同議連では「出席できない議員の中には、秘書に参加させたり、資料を取り寄せたりするなどして、議論の内容を把握する議員も多い」(藤田事務局長)ことから、今後も勉強会や視察を継続して実施していく予定だという。

【編注】
●は金へんに英


【関連記事】
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
民主の介護議連が設立総会
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)
サノフィのGLP−1受容体作動薬で有意にHbA1c値低下(医療介護CBニュース)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
歩道を暴走のクルマ、歩行者を次々にはねる…薬物中毒か(レスポンス)

首相秘書官が米国務副長官と会談へ 普天間移設問題(産経新聞)

 平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相に同行して訪米し、ワシントンに残っている佐野忠克首相秘書官が現地時間の同日、スタインバーグ米国務副長官と会談することを明らかにした。

 国務省ナンバー2が首相秘書官と会談するのは極めて異例だ。佐野氏は普天間移設問題で、内閣官房と外務、防衛両省の実務者による作業部会のメンバー。スタインバーグ氏との会談では、同問題に関する日本側の立場を説明するとみられる。

【関連記事】
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
首相は普天間に政治生命賭けよ
夕食の前座「普天間会談」 オバマ大統領は冷ややか
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ
外国人地方参政権問題に一石

新築住宅の省エネ義務化=エコポイント拡充も−国交、経産両省(時事通信)
雑記帳 龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
にぎり千貫できる?明石でも珍しい巨大ヒラメ(読売新聞)
<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)

超小型衛星で星の精密地図=日本初、国立天文台や東大など−来年夏、海外で打ち上げ(時事通信)

 星の位置や運動を精密に観測する超小型天文衛星「ナノジャスミン」を開発し、2011年8月にブラジルの発射場からウクライナの新型ロケットで打ち上げると、国立天文台や東京大、京都大が12日発表した。観測成果は14年に全天の精密地図として公表される。星の位置観測専用の衛星は日本初で、世界でも2番目。
 ナノジャスミンは1辺が50センチの箱形で、重さ約35キロ。高度約700キロで地球を南北方向に周回する。開発・製造費は約1億円と、従来の中型天文衛星の数百分の1。打ち上げ費は、ほぼ無料。衛星開発の責任者は、1日付で東大助教から異動した酒匂信匡信州大准教授が務める。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で
巨大粒子雲も宇宙線放出か=証拠となるガンマ線観測
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で
恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星

銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)
核サミット「国際協力のため重要な会議」鳩山首相(産経新聞)
「不当に雇い止め」 埼玉の女性、カシオなどを提訴(産経新聞)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)

久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)

 新潟県佐渡市で放鳥され、繁殖に向け巣作りをしている国の特別天然記念物のトキのペア1組が産卵している可能性が高いことが29日、分かった。環境省の笹渕紘平・自然保護官が明らかにした。自然下でのトキの産卵の確認は昭和54年以来になる。

 産卵したとみられるのは1歳の雌と3歳の雄。今月21日に巣作りが確認され、28日ごろから雄雌のどちらかが巣に残り、卵を温めているようなしぐさを繰り返しているという。環境省によると、この雄雌を含め計3組の巣作りが確認されている。

【関連記事】
放鳥トキが佐渡から福井へ 300キロ飛来
愛のキス トキ、さらに1組擬交尾
トキ襲撃の検証委員、5人決まる
ケージ内のテンを自動撮影カメラで確認 トキ襲撃で環境省
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正

国会、議員会館の全面禁煙を=超党派議連が要望(時事通信)
自宅ベランダから乳児2遺体=37歳の母親逮捕−大阪府警(時事通信)
アタマジラミ再び増加 目の細かい専用くしが効果的(産経新聞)
キンカチョウのゲノム解読=さえずりの解明期待−国際チーム(時事通信)
<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)

無罪判決後のブログ掲載は名誉侵害 大阪地裁判決(産経新聞)

 準強制わいせつ罪で無罪判決を受けたのにブログに犯罪行為があったかのような記載をされたとして、男性医師がインターネット接続業者にブログの発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。河合裕行裁判長は「名誉が侵害されたことは明らか」として、同社に情報開示を命じた。

 業者側は「発信者は『新聞各社のネット版などで知り得た情報を元に書いたもので、無罪のニュースも追加した』としており、ブログで原告の社会的評価が低下した客観事実はない」と主張、名誉棄損の成否が争点となった。

 河合裁判長は判決で、ブログは無罪判決当日に書き込まれたと指摘。「逮捕当時の報道から3年近く経過しており、無罪となった事実以外にわいせつ行為を行ったとうかがわせる記載もあった」と認定した。

【関連記事】
後絶たぬブログ、SNSでの“告白”
ネット発“即席記者” 即時に事件“中継” 捜査妨害や誤情報も
メールで病院批判の主婦拘束 インドネシアで騒動
ブログで好きなタレントを中傷 番組制作会社員を逮捕
スマイリーキクチさんブログ炎上 警視庁、6人書類送検
あれから、15年 地下鉄サリン事件

センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
代理処罰を期待 警察庁 中国製ギョーザ中毒事件(産経新聞)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。